AYA(アヤ)監修HMBサプリBBB(トリプルビー)が効果がないのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

詐欺!AYA監修サプリ「トリプルビー」が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

ダイエットの悩み

【年代別】全然痩せない理由と対策!若い頃と同じ対策じゃダメ!

更新日:



一生懸命がんばってダイエットしてるのに…全然痩せない!なんで?もう年だから?と思い悩んでいる女性は多いと思います。

今回は20代、30代、40代の年代別に痩せにくくなっている原因と対策をお話します!

ちょっとの意識改革で痩せるようになりますから安心してくださいね。

 

20代の痩せない原因とは?もう10代の感覚では痩せない!

大学卒業して社会で生きていくようになるとストレスは溜まってくるし、会社と家の往復が多くなって運動が不足してくるしで、代謝はどんどん落ちてきます。

寝ても覚めても脂肪が燃焼していた10代の頃とは明らかに体は変わっています。

20代になり体重が落ちなくなっていく原因をいくつか見てみましょう!

まだ若いからすぐ痩せるという思い込みがある

年齢の数字的にはまだまだ若くても、身体的は成長のピークを迎えて以降、どんどん下降が始まる年代が20代です。

体の発達のピークが18歳~20歳くらいまでなんですよね。

20歳を過ぎたら下降一直線だと意識しなおしましょう。

 

10代の頃の感覚で「まだまだ簡単に痩せられるから大丈夫」とタカを括っていては、気が付いたら脂肪は定着し、落ちた代謝は上がらず、筋肉量もどんどん落ちていくことになります。

 

20歳を過ぎたら代謝を落とさない対策をいつも心がけるのが良いでしょう。

本気を出せばまだ痩せやすい時ですから、軽い筋トレなどを続けて維持を心がけていきましょう。

太るから…と食べなさすぎ

20代くらいの方って、まだまだ健康への意識が薄くてダイエットでも無茶をしがちです。

新しいダイエット法を見つけては、体への影響など考えずに飛びつく傾向があります。

 

糖質制限ダイエットも流行りましたが、糖質がダメ!と聞くと徹底的に糖質をカットして体調が悪くなる方が続出しました。

年齢が上がると「糖質をゼロにすると体に弊害が出る」と一度は聞いたことがあって、ちょっと待てよ?本当に大丈夫?と一旦考えるものです。

 

食べ過ぎが太る原因だと知ると、徹底的に食事量を減らしてダイエットしてる気になってる20代は本当に多いです。

人の体は栄養が足りないと「貯め込む」方向に動きます。

次いつ栄養が来るかわからないので、飢餓に備えて脂肪を溜め込んでおこうとします。

 

そうすると、食べてる量は少ないのにどんどん太ってくる体になります。

食事はカロリーオーバーにならないように考えながら、しっかり摂りましょう。

そして運動でカロリーを消費していけば、20代であればまだまだ痩せます。

摂生してるつもりで野菜ばっか食べてる

野菜を食べるのは確かに大切です。

しかし野菜の量が極端に多くなると、他の栄養素が入る割合が減ります。

 

人の体は、タンパク質と糖質、そしてビタミン・ミネラルで成り立っています。

どれが欠けても健康に影響があります。

野菜だけを食べていると、タンパク質や糖質が入る割合が減ってしまいます。

 

ダイエットをするにしても、不足する栄養素があると体のサイクルがうまく回らず失敗します。

タンパク質も、赤身の肉や魚などでしっかり摂っていきましょう。

糖質はご飯で摂るのが一番です。

できれば玄米や雑穀に変えると血糖値が急激に上がらず、ダイエットには良いですよ。

筋肉量が極端に少ない

筋肉鍛えてますか?鍛えてないでしょう?

筋肉を鍛えてある程度つけておかないと、太りやすい体質になってしまいます。

 

筋肉は基礎代謝量の約4割を担っていると言われています。

基礎代謝量とはじーっとして動かなくても消費されるエネルギーのことです。

筋肉がつくとその分脂肪燃焼率が高まって、同じ量を食べていても痩せやすくなっていきます。

 

日頃改めて筋トレをするのが難しい場合は、通勤でひと駅分歩くなど工夫をしましょう。

ギリギリまで寝ていたいのはわかりますが、そのダラけた気持ちでは痩せることは難しくなってきますよ。

 

運動する時は効率的に筋力アップが期待できるHMBサプリなどを利用するといいです。

最低限の筋トレで筋肉がつきやすくなります。

水、飲んでますか?

学生時代とは違って、社会人になると仕事や時間に追われて、つい水分を取ることを忘れてしまいがちになります。

人の体の約70%を体液が占めていて、生命を維持するために毎日使われています。

汗や肌のうるおい、血液、尿、便を柔らかくするなどに使われて、毎日2リットルは抜けていくと言われています。

 

毎日抜けていく水分を補っていかないといけません。

そうしないと循環がおかしくなります。

 

血流は悪くなり、尿の量も減り、便が固くなって便秘になりがちです。

特に血流、尿、排便がうまくいかなくなるとデトックスがうまく行かなくなり、老廃物が溜まって代謝が落ちてきます。

代謝が落ちた体は太りやすくなります。

 

毎日1.5リットルは水分を飲むようにして、あとの残りは食事から取る水分で補います。

飲む水分は甘いものはダメですよ。

お茶かお水でお願いします。

一番体に吸収しやすいのは、ほんのり温かい白湯です。

間食すると太るから…と空腹時間を作りすぎている

確かに、お腹も空いていないのに食べ物を食べるのはダイエットには良くないことですが、空腹時間を作りすぎるのも良くないことです。

お腹を空かせすぎると、次に入ってきた食べ物の吸収率が上がって太りやすくなります。

 

そして空腹があまりに長時間になると、筋肉を分解してエネルギーに変え始めるので筋力が弱まります。

食べないダイエットをすると同じ原理で筋肉がどんどん弱るので、失敗しやすいのです。

だからといっておやつの食べ過ぎはいけませんが、あまりにお腹がグーグー言う時はチョコを一粒食べるとか、ナッツ類で小腹を満たすとよいでしょう。

 

一番は、一食の食事をしっかりと摂ることです。

基礎代謝量を満たしておけば、足りないエネルギーを筋肉から取ることもないわけです。

接待、飲み会のお酒が増える

20歳を過ぎた社会人ならお酒の場はどうしても増えてきますね。

何も考えないで飲んでいるとすぐにカロリーオーバーになって太りやすくなります。

 

アルコールはエンプティカロリーでカロリーには含まれないと誤解されてるのですが、そうではありません。

エンプティカロリーとは「栄養素が含まれていないカロリー」のことで、ダイエットを考える体には無駄この上ないものです。

 

エンプティカロリーはカロリーの内に入らないと言われたり、いややっぱりカロリーなんだと言われてみたりで、本当のところははっきりしませんが、はっきりしない以上は控えめにしたほうがいいのではないでしょうか?

このエンプティカロリーで摂ったカロリーは、その後数日は摂生して相殺していく意識が必要です。

 

ダイエットを考えるなら、飲み会でのアルコールはお付き合い程度にしておくのが賢明です。

「飲むと体調悪くなるようになって…」グラス1杯くらいで免除してもらえるようにしておきましょう。

 

飲む代わりに、その場にある栄養素の高いツマミを食べてグラス1杯をちびちびやって笑顔でお付き合いしておけば、場をしらけさせることもないでしょう。

飲んでしまった翌日からは、運動などを増やしたり1日の摂取カロリーを控えめにしたりなどして、オーバーしたカロリーをプラマイゼロにしておきましょう。

 

お酒の飲み方やその後のケアを怠ると、周囲にいる中年太りみたいになっていくわけです。

 

いよいよ難しくなってくる30代女子のダイエットを成功させるには

20代を惰性で生きると、30代ではいよいよ痩せない体質が定着してきます。

お酒の付き合いも常態化して、気を抜くとすぐに太ってきてしまうでしょう。

 

でも!まだまだ挽回できる年齢です。

肌のたるみもなく、多少急激に痩せてもすぐに締まってくる年齢です。

全然痩せない原因を知って対策を考えていきましょう!

30代は体型を自由に作っていける最後の年代です!

30代ではもう、スルスルと体重が落ちていくということはないので、努力をしないと体型は変えられないと認識を改めてください。

 

30代で全然痩せない原因は「基礎代謝」にあります。

身長160cmで体重50kgを維持しようと思うと、基礎代謝は…

  • 20歳・・・1319kcal
  • 30歳・・・1275kcal
  • 40歳・・・1232kcal

このように、健康的に生きていても自然と基礎代謝は落ちてきます。

10年でかなり落ちるのがわかりますよね。

痩せていくためには、若い時の基礎代謝量に近付けていく作業が必要です。

 

食べないダイエットでも30代ならまだ体重は落ちるでしょう。

でも、食べないダイエットをしてお腹を減らす時間が増えると、体はまず筋肉からエネルギーを取ろうとしますから筋肉がどんどん弱ってきます。

 

基礎代謝は生命維持に活用するエネルギーのことですから、体の仕組みすべてがエネルギーを消費していますが、もっとも割合を占めているのが筋肉です。

筋肉を弱らせてしまうと基礎代謝量も大幅に落ちていきます。

そうすると、同じ量を食べているのに、いやむしろ摂生して食事を減らしているのに太ってくる…という現象が起こります。

 

食事の量は変えずに、良質な栄養素を摂る意識に変えて、筋力をアップしていく意識が30代からのダイエットでは大切になってきます。

社会的に重要な位置につく30代は忙しい

結婚していない女性であれば、会社での重要度も増して、20代よりも忙しくなっていることでしょう。

結婚している女性であれば、子育てと仕事の両立など、とにかく忙しいのが30代です。

ストレスも大いに溜まっていることでしょう。

 

ストレスは実は体を太る方向に向かせます。

ストレスホルモンを相殺するためにセロトニンという幸福ホルモンが必要になるのですが、このセロトニンの分泌を求めて体が動くようになります。

 

忙しいときほど甘いものが欲しくなったり、ちょっとくらい良いやと食べ過ぎたりするのは、体が糖質を求めている状態です。

セロトニンのもとになる成分はトリプトファンと言うのですが、そのトリプトファンを脳に運ぶ役目をするのがブドウ糖=糖質なんです。

体が一刻も早くセロトニンを作ろうとしているということですね。

だから甘いものを入れてブドウ糖を増やそうという無意識が働くのです。

 

糖質は摂りすぎるとあっという間にカロリーオーバーになります。

血糖値も上がりやすく、インスリンがたくさん出て、使われなかったインスリンは脂肪細胞に取り込まれて太りやすくなります。

 

ですのでストレスはできるだけ抱えないほうが良いのですが、だからといって、忙しい毎日はなかなか変えられないと思います。

ではどうしたらよいかと言うと、ストレスを上手く解消するためにセロトニン生成を助ける毎日を送れば良いのです。

 

セロトニンを生成するには、トリプトファンとビタミンB6、そして糖質を摂っていく必要があります。

糖質は毎食のご飯で充分ですから、甘いものを摂りすぎないように気をつけてください。

トリプトファンとビタミンB6は、魚やバナナに多く含まれていますので、積極的に摂っていきましょう。

 

そして、セロトニン生成を助ける「日光浴」と「リズム運動」をするように心がけましょう。

日光浴は30分ほど、リズム運動は歩くことで出来ますから、お買い物や通勤で30分日を浴びながら歩くことでセロトニン生成はバッチリになります。

おうちでゆっくり確実に筋肉を付ける方法とは?

基礎代謝アップには筋肉をつけたら良いというお話は先ほどしましたが、では一体どんな運動をしていけば効率的なんでしょうか?

セロトニンのために歩くことだけではいけないんでしょうか?

 

筋肉は一部分だけを鍛えると体がゆがんできますし、ある一部分だけ血流やリンパの流れが悪いところを作るのは良くありません。

筋肉は全身くまなく鍛えていかないとバランスが悪くなります。

 

鍛える部分は「足、お腹、背筋、腕」になります。

できればインナーマッスルも鍛えたほうが良いですが、まずは大きな筋肉であるアウターマッスルを鍛えていきます。

HMBという成分をサプリなどで摂取すれば、筋力アップの効率が高まりますのでおすすめです。

 

鍛える方法ですが、ジムに通う時間と抵抗がないならそうしてください。

忙しく通ってるヒマがない人や家でやりたい人は「クランチ、スワンダイブ、プッシュアップ、スクワット」をセットで行ってください。

 

40代は普通のダイエットではもう痩せない!

40代になると摂生はしているのに逆に太ってくるようになります。

体の基礎的な仕組みが崩れてきて、美容的なものだけでなく健康も脅かすような状態になってきます。

40代では、美容のことよりもまず、健康を考えて体を整えていく意識が必要になります。

体の基礎が崩れているとは?

健康で美しい体というのは「食事、運動、代謝、自律神経」で成り立っています。

食事や運動は気をつければどうにかなるとしても、特に女性の40代は、あとの残り「代謝と自律神経」が大きく崩れてくる年代です。

 

長年の不摂生や疲れ、年齢的な抗えない機能の低下も手伝っているのでしょう。

それに女性は閉経の時期も近づいて、体はストレスを感じやすくなっています。

ストレスの蓄積は自律神経を狂わせ、やがて代謝を低下させます。

 

自律神経は体を健康的に保つ司令塔のような存在です。

これが狂い出すと、血流や排泄機能がまず狂いだし、デトックスのめぐりが滞って「負のスパイラル」を起こします。

免疫力も落ちてきますので病気の心配もしないといけません。

 

40代はダイエットを行うよりも前に、まず自律神経を整える対策を行っていきましょう。

自律神経を整えないままダイエットに勤しんでも、痩せるメカニズムが発動しません。

 

自律神経を整えるには、生活を規則正しくして、よく寝て、ストレスをきちんと解消する生活習慣に変えていきましょう。

自律神経を整える具体的方法

自律神経の乱れを放置していると、やがて自律神経失調症の症状が出てきますが、自律神経失調症は更年期障害とよく似ています。

というか、更年期障害の症状の一部が自律神経失調症と言われるくらいリンクしている症状です。

 

早めに改善しておかないと、更年期に突入してそのまま何年も苦しむことが予想されます。

ダイエットはひとまず置いておいて、しっかりと自律神経を整えていきましょう。

  • ぬるめのお湯にしっかり浸かる
  • バランスの良い食事を心がける
  • 運動をする
  • 腹式呼吸をする
  • 日光を浴びて気持ちよく歩く
  • よく寝る
  • 好きな音楽をゆったり聞く
  • とにかく自分がリラックスすることをする

こういうホッとする行動を増やしてみることです。

自律神経が乱れているとは「交感神経が働く時間のほうが多い」という意味です。

ホッとする行動をすると副交感神経が働き、交感神経は後退します。

 

人の体は、交感神経と副交感神経が同じ時間、平等に働く状態が一番整っている状態です。

忙しい毎日ですが、意識してホッとする時間を作ってください。

働きすぎている交感神経を休ませて、副交感神経を働かせてください。

 

自律神経が整ってくれば、なんとなく気持ちが軽やかになってきます。

そうなれば、食事制限と運動をバランスよく行うダイエットの効果が出てくるでしょう。

若い頃のような無茶なダイエットはやめましょう。

40代からはもう、無茶は健康に直結しますので正攻法の正しいダイエットを行っていきましょう。

 

まとめ

年代別に全然痩せない理由を見てきましたが、20代から体を気遣って健康を維持してきた人は、おそらく40代になっても健康体重を維持してキラキラ輝いています。

体は年代によって変わるものではなく、自分の生活習慣が積み重なって作られるものだと考えましょう。

 

今からでも遅くありません

体に優しい食事をして、筋力を落とさないようにキープしていきましょう!

20代、30代の方はHMBサプリも利用すると筋力アップもキープも効率的です。

そうすれば、いつまでも納得できる体を維持できるのではないでしょうか?

 

人気No.1 HMBサプリで簡単に筋力アップできるってホント?

必見!
HMBサプリの成分はホントに効果がある?AYA先生監修大人気HMBサプリBBB(トリプルビー)の効能や安全性、副作用は!?

今や、ただ体重を落とすだけのダイエットは時代遅れ!   女性の本当の美BODYとは、程よく筋肉がつき、且つ女性 ...

続きを見る







よく読まれている記事

-ダイエットの悩み

Copyright© 詐欺!AYA監修サプリ「トリプルビー」が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.