AYA(アヤ)監修HMBサプリBBB(トリプルビー)が効果がないのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

詐欺!AYA監修サプリ「トリプルビー」が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

HMBサプリ 鍛神

危険?鍛神成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

更新日:




痩せたいからといって、食事制限だけでダイエットして失敗した経験はありませんか?

美しく痩せるためには、女性の体にも適度な筋肉が不可欠。

筋肉が少なすぎると代謝が悪く溜め込みやすい体質になってしまい、ダイエットには逆効果なのです。

そこでお勧めなのが金子賢さんが全面監修した「鍛神」です。

鍛神は効率良く筋肉を増強させると話題のHMBがたっぷり配合された最強サプリ。

細マッチョになりたい男性はもちろん、健康的で美しいスリムボディを目指す女性にも大人気なんです。

 

そんな鍛神ですが、効果が高いだけに「副作用があるのでは?」という声が上がっているのも事実。

これから鍛神を試そうと思っている人はとても気になりますよね。

そこで今回は、鍛神に配合されている28種類の全成分を徹底検証。

安全性はどうなのか調べました。

是非目を通して確認してくださいね!

 

鍛神HMBには副作用の危険がある?調査して浮かび上がった事実とは

鍛神HMBサプリには副作用の危険がある、という噂は本当なのでしょうか。

全配合成分28種類を徹底的に調べてみました。

 

結論から発表しましょう。

安心してください!

鍛神HMBの配合成分は、用法・用量を守って正しく使用すれば副作用の危険性はなく、安全であることが分かりました。

 

それでは配合成分を解析し、安全性を確かめていきましょう。

 

鍛神HMBの配合成分全28種類を徹底調査

先に結論として「副作用の危険性はありません」と述べましたが、本当に成分が安全なのか確認したいですよね。

鍛神には筋肉を効果的に増やす有効成分HMBのほか、効果をサポートする成分も豊富に配合されています。全成分一覧は次の通りです。

【鍛神HMBの配合成分】

HMBCa、還元麦芽糖水飴、L-オルニチン塩酸塩、L-カルニチン酒石酸塩、L-シトルリン、エラスチン、クレアチン、コラーゲンペプチド、鶏肉抽出物(鶏肉抽出物・デキストリン・澱粉)、黒胡椒抽出物/結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Ca、V.C、グルコン酸亜鉛、V.B6、L-ロイシン、L-アルギニン、L-イソロイシン、L-グルタミン、L-バリン、タウリン抽出物、ヒアルロン酸、葉酸、パントテン酸Ca、V.B2、V.B1、ナイアシン、V.B12(原材料の一部に乳成分、鶏肉、ゼラチンを含む)

 

鍛神の筋肉増強への強力な働きかけを生み出す成分として、特にHMBCa、L-オルニチン塩酸塩、L-シトルリン、L-アルギニン、L-グルタミン、BCAA(L-バリン・L-ロイシン・L-イソロイシン)が挙げられるでしょう。

 

それらを含め、全ての成分が一体どんなものなのかご説明していきますね。

①HMBCa

HMBは「β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸」でCaは「カルシウム」のこと。

HMBは必須アミノ酸であるロイシンの代謝物です。

食事でたんぱく質などの栄養を摂取すると、体の中でアミノ酸に分解されて「ロイシン」が作られます。

そのロイシンがさらに分解されて生まれるのがHMB。

HMBは筋肉増強に不可欠な成分なのですが、ロイシンのわずか5%しか生み出すことができないことでも知られています。

ですから鍛神はHMBを高配合し、効率良く筋肉増強に働きかけることに成功したのです。

HMBは大豆・卵・グレープフルーツ・なまずなどの食品由来で作られているので、副作用の危険性はないと言えます。

 

②L-オルニチン塩酸塩

L-オルニチン塩酸塩は遊離アミノ酸(たんぱく質と結合せず、単体で体の中を循環するアミノ酸)の一種で、シジミ・チーズ・マグロなどに含まれています。

体内に吸収されたL-オルニチン塩酸塩は肝臓や筋肉などに運ばれて細胞の修復・回復を促す働きをします。

肝臓の解毒の働きをサポートするほか、成長ホルモンの分泌促進、代謝サポート、筋力アップ、疲労軽減などにも関わり、健康的なダイエットを促してくれます。

鍛神に含まれるL-オルニチン塩酸塩はシジミから抽出したものなので、副作用の危険はないと言えます。

③L-シトルリン

L-シトルリンも、上のオルニチンと同じく遊離アミノ酸の一種です。
スイカから発見されました。
血管を広げて血液の流れをスムーズにする働きがあります。
血流が増加することによって運動パフォーマンスを向上させる効果が期待できます。
ウリ科の植物に多く含まれる成分で、副作用の危険性はないとされています。

④L-アルギニン

L-アルギニンは準必須アミノ酸の一種です。

血管を拡張しシトルリンと似た働きをするほか、成長ホルモンの分泌を促し、筋肉の成長や疲労回復などのサポート力に優れています。

魚介類・肉類・大豆製品・にんにくなどに多く含まれ、活力を生み出す成分とも言われています。

副作用の危険性はないとされています。

⑤L-グルタミン

L-グルタミンは非必須アミノ酸の一種です。

筋肉の分解を妨げる効果があり、筋力トレーニングをする上で補給が欠かせない成分とされています。

また腸管のエネルギー源となり、摂取した栄養を効率的に体内に吸収させるアポートをします。

食物では、卵・魚・肉・大豆などに多く含まれていますが熱に弱い特徴があります。

安全性が高く副作用の危険はないと言われています。

⑥L-バリン

L-バリンは、トレーニング時の筋肉のエネルギー源となる必須アミノ酸成分「BCAA」の中のひとつです。

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)は分子構造が枝分かれしているため「分岐鎖アミノ酸」と呼ばれています。

筋肉を作り、維持する効果があるとされています。

安全性は高く副作用の危険性はないとされています。

⑦L-ロイシン

L-ロイシンは「BCAA」のひとつで必須アミノ酸の一種です。

ロイシンが分解されるとHMBが生み出されます。

筋肉の分解を抑制し、筋肉を作る効果があるとされています。

安全性は高く副作用の危険はないとされています。

 

⑧L-イソロイシン

L-イソロイシンも「BCAA」のひとつで必須アミノ酸の一種です。
筋肉を強化したり、疲労を回復させる効果があるとされています。

安全性は高く副作用の危険はないとされています。

 

⑨L-カルニチン

L-カルニチンは必須アミノ酸のリジンとメチオニンから生合成される成分です。

脂質の代謝をサポートするため、ダイエットには欠かせない成分とされています。

安全性は高く副作用の危険はないとされています。

⑩還元麦芽糖水飴

還元麦芽糖は「マルチトール」とも呼ばれ、マルチトールを75%以上配合した甘味料を還元麦芽糖水飴と言います。

鍛神には錠剤の形や大きさを整える目的で加えられているようです。

トウモロコシやじゃがいものデンプンから作られており、安全性が高く副作用の危険はないとされています。

 

⑪エラスチン

エラスチンは繊維状のたんぱく質で、コラーゲン同士を結びつけて支える役割を担う成分です。

いわば「弾力の源」で、お肌はもちろん、血管や靭帯、肺などの伸縮性を保っています。

もともと体内にある成分で、副作用の危険性はないとされています。

 

⑫クレアチン

クレアチンはアミノ酸の一種です。

筋力トレーニングをする際にエネルギーを生み出す働きをしています。

身体能力と運動パフォーマンスの向上が期待できます。

安全性は高く副作用の危険はないとされています。

 

⑬コラーゲンペプチド

コラーゲンは人間の体をつくるたんぱく質の一種。

美肌に欠かせない成分として有名ですね。

肌だけでなく骨や血管などあらゆる体の部分に存在し、肌のハリや弾力を保つ、骨の柔軟性を高めて丈夫に保つ、軟骨の再生を促して関節痛を和らげるなど、様々な働きをしています。

コラーゲンペプチドはコラーゲンの分子量を小さくし、体内に吸収されやすい形にしたものです。

副作用の危険はないとされています。

 

⑭鶏肉抽出物(鶏肉抽出物・デキストリン・澱粉)

鶏肉抽出物(鶏肉抽出物・デキストリン・澱粉)は、鶏肉から抽出されたエキス、デンプンです。

前述のコラーゲンが含まれているのが特徴です。

安全性は高く副作用の危険はないとされています。

 

⑮黒胡椒抽出物/結晶セルロース

黒胡椒抽出物は黒胡椒辛み成分を抽出したもので、その主成分をピペリンと言います。

ピペリンには消化吸収を高める作用の他、血管を拡張させ血行を良くする作用があり、代謝アップに働きかけます。

結晶セルロースは不溶性食物繊維の一種で、賦形剤・増粘剤として薬品やサプリメントに良く用いられます。

両者とも安全性は高く適正な使用で副作用の危険はないとされています。

 

⑯ヒドロキシプロピルセルロース

ヒドロキシプロピルセルロースはセルロースの誘導体です。

結合剤・コーディング剤・潤滑剤などとして用いられます。

安全性は高く適正な使用で副作用の危険はないとされてます。

 

⑰ステアリン酸Ca

ステアリン酸Caはステアリン酸とパルチミン酸を主成分とするカルシウム塩です。

水と油などそのままでは混ざりにくいもの同士を混ぜ合わせる乳化剤として使用されています。

安全性は高く適正な使用で副作用の危険はないとされています。

 

⑱V.C(ビタミンC)

V.C(ビタミンC)は野菜や果物に多く含まれる水溶性ビタミンです。

抗酸化作用が強くアンチエイジングに効果的なほか、美肌効果も有名ですね。

副作用の危険はなく、食物からも多く摂取したい栄養素です。

 

⑲グルコン酸亜鉛

グルコン酸は発酵食品などに多く含まれる有機酸で、亜鉛と結合すると亜鉛の体内吸収率を良くすると言われています。

亜鉛は細胞分裂を促す・新陳代謝を促すなどの働きがあります。

過剰摂取は避けなければいけませんが、適量を守れば副作用の危険はないとされています。

 

⑳V.B6(ビタミンB6)

V.B6(ビタミンB6)は水溶性ビタミンの一種で、たんぱく質からエネルギーを作り出す際に重要な役割を担っています。

皮膚の健康維持、ホルモンバランスを正常に保つなどの働きもあります。

副作用の危険はない成分です。

 

㉑タウリン抽出物

タウリンは含硫アミノ酸(硫黄を含んだアミノ酸)の一種で、魚介類に多く含まれています。

人間の筋肉、脳、網膜、心臓など多くの部分にも含まれており、肝機能改善効果や血圧・コレステロールを下げる効果があることでも知られています。

副作用の危険性はないとされています。

 

㉒ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在し、保水能力に長けています。

皮膚の保湿、関節の動きを滑らかにするなどの働きがあります。

副作用の危険性はないとされています。

 

㉓葉酸

葉酸はビタミンB群の仲間で、水溶性ビタミンの一種です。

赤血球の細胞が作られるのを助ける働きがあり「造血ビタミン」とも呼ばれます。

胎児の正常な発育にも不可欠で、妊娠中の女性にサピリメントの摂取が進められていることでも有名ですね。

副作用の危険性はないとされています。

 

㉔パントテン酸Ca

パントテン酸CaはビタミンB5の一種です。

レバー、納豆、干し椎茸などに多く含まれています。

脂質・糖質・たんぱく質の代謝を促したり、自律神経を整える作用があります。

副作用の危険性はないとされています。

 

㉕V.B2(ビタミンB2)

V.B2(ビタミンB2)は水溶性ビタミンの一種です。

レバー・卵・乳製品などに多く含まれており、皮膚や粘膜を正常に保つ、脂質・糖質・たんぱく質をエネルギーに変えるなどの働きをします。

副作用の危険性はないとされています。

 

㉖V.B1(ビタミンB1)

V.B1(ビタミンB1)は水溶性ビタミンの一種です。

糖質からエネルギーを生み出す役割を担っているほか、皮膚や粘膜を正常に保つ働きもあります。

副作用の危険性はないとされています。

 

㉗ナイアシン

ナイアシンはビタミンB群の仲間で、水溶性ビタミンの一種です。

食物から得た栄養素を細胞でエネルギーに変える際には酵素が深く関わりますが、ナイアシンは酵素の働きをサポートする役割を担っています。

副作用の危険性はないとされています。

 

㉘:V.B12(ビタミンB12)

V.B12(ビタミンB12)はビタミンB群の仲間で、水溶性ビタミンの一種です。

神経細胞を正常に保つほか、葉酸と力を合わせて赤血球中のヘモグロビンをつくるサポートをする働きがあります。

副作用の危険性はないとされています。

 

鍛神HMBは適正な摂取方法を守れば副作用の心配はなし

ここまでで詳しく見てきたように、鍛神は筋肉増強、代謝アップを促す成分がギュッと詰まったサプリメントです。

配合されている成分はどれも安全性が高く、適正な摂取方法を守れば副作用の危険性はないと言えます。

鍛神HMBの適正な摂取方法

鍛神は1日6粒を目安に、水などで噛まずに飲みましょう。

 

鍛神の主成分であるHMBはトレーニングと合わせて摂取することで筋肉増大などの効果を発揮しますが、それと合わせて鍛神にはアルギニンなどの代謝を上げる成分も含まれていますので、トレーニングをしない日でも飲み続けることで効果が期待できます。

鍛神6粒中にはHMBCaが2,000mg含まれています。

6粒を一度に摂取してしまうと、せっかくの成分がすべて消化吸収できなかったり、効果を減少させてしまう可能性があります。

トレーニング前、食事の前など2〜3回に分けて飲むようにしましょう。

 

日本製だから安心

経口摂取するサプリメントは安全性第一で選びたいもの。

サプリメントの品質は、成分だけでなく製造過程にも左右されます。

衛生状態が悪い向上で製造されていたり、適切な品質管理がされていないようなサプリは飲みたくないですよね。

鍛神は製造過程においても安全性はバッチリということができるでしょう。

というのも、鍛神は全てGMP認定工場で製造されているのです。

GMPというのは製造品質管理基準のこと。

厚生労働省の定める指針に沿って第三者機関が工場を厳しく審査し、クリアした工場だけが「GMP認定工場」を掲げることができます。

その審査は原材料から製造、出荷、品質管理と幅広く行われ、クリアした工場は「汚染や品質低下が起こらない」「人為的ミスを最小限にする工夫が為されている」「高品質を保つことができる」などを全て満たしていると言えます。

日本のGMP認定工場でつくられる鍛神の安全性は確かなものということなのです。

 

鍛神HMBの副作用の可能性について

鍛神は前述のように正しい用法・用量を守って飲めば副作用の危険はないと言えるでしょう。

しかし、どんなサプリメントもそうですが、適正な量や飲み方を守らなかった場合は100%安全とは言い切れません。

 

過剰摂取による副作用の危険性

鍛神をたくさん飲めばそれだけ効果が増すかというと、決してそんなことはありません。

過剰摂取すると副作用を起こす可能性が高まります。

鍛神の成分の中で特に過剰摂取に注意すべき成分はグルコン酸亜鉛。

亜鉛を過剰摂取すると銅の吸収を妨げ、貧血を引き起こす危険があるとされています。

たとえどんなに「体に良い」と言われている食品でも、過剰に摂取すれば何らかの悪影響を及ぼす可能性がある、ということはお分かりかと思います。

即効性を求めるからといって鍛神を飲む量をむやみに増やしても効果が上がらないどころか、健康を害する可能性もあることを覚えておきましょう。

 

アレルギー反応を引き起こす可能性

食品にアレルギーを持っている人は、鍛神の原材料をよく確認してから飲むようにしましょう。

鍛神はアレルギーを比較的起こしやすいとされる大豆・貝類などを原材料にしている成分が含まれていますし、結晶セルロース、ステアリン酸Caなどの添加物も多少含まれています。

十分に確認し、アレルギーを起こす可能性があると判断された場合は使用しないようにしてください。

万が一アレルギー症状が現れたら、直ちに服用を中止し医師等に相談しましょう。

 

また、持病がある・定期的な服薬がある人は、あらかじめかかりつけの医師に相談してから飲むことをお勧めします。

 

まとめ

鍛神HMBの成分の安全性、副作用や健康被害の有無についてご紹介しました。

 

鍛神HMBは薬ではなく栄養機能食品であり、適正な量や飲み方を守っていれば副作用の危険性はありません。

またGMP認定工場で製造されるなど、製造過程の安全性も確実なものとなっています。

ただし食品アレルギーがある人は原材料をよく確認してから飲むようにしましょう。

 

男性のたくましい体、女性のしなやかな体両方を叶えてくれる鍛神HMB。

その秘密は筋肉増強に働きかける成分と代謝アップを叶える成分の絶妙な配合にあります。

今こそダイエットの負のループから抜け出して、鍛神HMBで本当のダイエットを始めてみませんか?

 

レビュー
金子賢監修の鍛神HMBCaサプリを買って試してみた!効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

ユーザーから大成功の声が殺到して話題となっているHMBCaサプリ『鍛神』 『鍛神』はどんな特徴があってどんな効果があるの ...

続きを見る

 







よく読まれている記事

-HMBサプリ, 鍛神

Copyright© 詐欺!AYA監修サプリ「トリプルビー」が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.