AYA(アヤ)監修HMBサプリBBB(トリプルビー)が効果がないのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

詐欺!AYA監修サプリ「トリプルビー」が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー!

ダイエットの悩み

【全身と足】筋肉をつけずに脂肪を落とすにはちょっとしたコツがあった!

更新日:

みなさんは、痩せるためにどんなダイエットをされていますか?

食事制限、運動、サプリを使うなどなど…方法はたくさんあると思います。

 

ただ、特に運動で痩せようとする場合、逆に筋肉が付きすぎてプロポーションが崩れたり、体重が増えてしまったりする場合もありますよね?

そこで今回は、筋肉をつけずに脂肪を落とす方法を少しご紹介していきたいと思います!

 

筋肉を付けずに全身痩せることって可能なの?

「痩せたいけど筋肉が付きすぎるのはちょっと…」そう感じる人は多いと思います。

特に、女性であればスタイルを気にしているからこそ、痩せたいと思う人がほとんどでしょう。

だったらなおのこと、痩せた後に筋肉ばかりが目立ってしまうのは避けたいものですよね。

 

では、本当に筋肉を付けずに痩せることは可能なのでしょうか?

ここからは、全身痩せをする時に筋肉を付けないで済む方法をいくつかご紹介していきたいと思います!

そもそも筋肉ってダイエットに必要なの?

筋肉を付けないダイエット方法をご紹介する前に、そもそも筋肉がダイエットに必要なのかということについて少しお話をしたいと思います。

筋肉はダイエットに必要なのか、この答えはYESです!

 

ダイエットに必要なのは、脂肪を燃焼しやすい身体を作ることです。

もう少し言えば、代謝の良い身体を作っていかなければいけないのです。

そうしないと、なかなか痩せなかったり、せっかく痩せたとしてもすぐにリバウンドをしてしまったりします。

 

そして、身体の代謝を上げるためには筋肉を付けるのが一番なのです!

筋肉は身体の中でも最も多くのエネルギーを消費してくれる器官です。

ですので、筋肉が発達していればその結果エネルギー量の消費が多くなり、痩せやすい身体になるのです。

 

しかし、だからと言って筋肉ばかりが目立つような、もっと言えばムキムキになるまで身体を引き絞る必要はありません。

要するにバランスが重要なのです。

必要以上の筋肉は付けずに、効率よくダイエットが出来るように心掛けていきましょう!

 

筋肉は付けたくないけど脂肪は落としたい!どんな運動が効果的なの?

ダイエットには必要最低限の筋肉があれば大丈夫だということはご納得頂けたと思います。

では、最低限の筋肉で行える、ダイエットに効果的な運動はどんなものなのでしょう?

ここからは、そういった運動の方法をご紹介します。

筋肉を付けずにダイエットをするには、有酸素運動が効果的!

ズバリ言うと、ウォーキングやランニング、ピラティスやホットヨガなど、有酸素運動に分類される様な運動を行っていくのが良いでしょう!

有酸素運動は、筋肉に弱めの負荷がずっとかかっている状態の運動です。

こういった状態だと、エネルギーとして体内の脂肪が燃焼されやすいのです。

また、内臓脂肪も減らすことが出来るので、健康にも良いですよね!

 

では、一日どの位の時間行うのが効果的なのでしょう?

一般的には、最低20分以上行うと一番効果的だと言われています。

 

ただ一回に20分以上の運動をいきなり行うのは、非常に疲れてしまいますよね?

そういった時はまとめて行わず、小まめに運動を行ってみて下さい。

時間が細切れでも、ちゃんとした効果は表れるのでご安心ください!

 

しかし、注意点もあります。

それは、やりすぎは逆効果になってしまうという点です!

45分以上続けてしまうと、ストレスホルモンが分泌されてしまうので、逆に必要な分の筋肉が落ちてしまう可能性があるのです。

 

ただここまでご紹介したものは、あくまでも必要以上の筋肉を付けない様にするための運動方法です。

有酸素運動も、基本的な筋肉が無い場合は思った様な効果が出ない場合もあります。

ですので、基本的な筋肉がまだ身体についていないな、と言う場合は有酸素運動を行うよりも先に、ある程度の筋肉量を確保する必要があるかもしれません。

現在だと、必要な筋肉を作りやすくするサプリなどもあるので、そういったものと上手く組み合わせながら有酸素運動をしてみて下さいね!

 

筋肉を付けない様にダイエット!注意しないといけないことってあるの?

ここまで、筋肉は付けにくいけれど脂肪は落としやすい運動についてご紹介をしてきました。

しかしながら、ダイエット方法は運動だけではありませんよね?

筋肉を付けない様にダイエットを行う方法はまだありますが、注意しなければいけないこともあります。

注意が足りないと、脂肪が落とし切れなかったり、リバウンドのしやすい身体になってしまうので注意しましょう!

 

では、ここからはどんなことに注意をしなければいけないのか、ダイエットをするうえでの注意点をお話していきます!

注意点①糖質制限ダイエットに注意!

今はやりの糖質制限ダイエット。

しかし、筋肉を付けないで脂肪を落とすという観点から見ると、非常に注意が必要なダイエット方法になります。

 

確かに、糖質を制限すれば短期間でも望んだ効果は得られやすいでしょう。

しかし、糖質の入っていない食べ物にはどんなものがあるか、想像してみて下さい。

たぶん多くの人が肉類などを想像したのではないでしょうか?

ですが、肉類などの低糖質の食べ物には、代わりにタンパク質が非常に多く含まれている場合が多いのです。

 

タンパク質は筋肉を作り出す基になる成分です。

もちろん、ダイエット中だけでなくてもタンパク質は身体に必要な成分ではあります。

しかし摂取しすぎてしまうと、筋肉質な体付きになりかねないので注意しましょう!

注意点②筋肉の減らし過ぎに注意!

先程からご紹介しているように、ダイエットをするうえで、そして健康を維持するうえである程度の筋肉量は必要です。

 

また筋肉が無いと、プロポーションを維持することも難しくなります。

筋肉を落とし過ぎると、ガリガリになってしまったり、ダルダルの見た目になってしまいかねません。

せっかく痩せるのにそんな見た目になってしまうのは、誰にとっても不本意だと思います。

 

しかし、そうはいっても激しい筋トレをして筋肉を付けていくのも難しいものですよね?

そういった場合は、まずは必要な筋肉を付けやすくするサプリメントなどを使うのがおススメです!

サプリであれば、普通の筋トレなどよりも続けやすいですし、自分に必要な筋肉が付いたと思えば、その先は飲む量などを調節しやすいので、より自分の目指す体型に繋がりやすいと思います!

必要な筋肉量を確保しつつ、無駄な筋肉を付けない様にしていきましょう!

注意③水分の摂取量に注意!

普段の生活でも水分の摂取量は重要ですが、ダイエット中は特に必要になってきます!

余計な筋肉を付けない様なダイエットを志す場合ならなおさらです。

 

本来ダイエットで重要なのは、どうやって脂肪を燃焼させるかということです。

筋肉ががっしり付いているのであれば話は別ですが、筋肉量を抑えてのダイエットであれば、どうやってこの働きを維持していくのかが一番の問題になります。

 

そこでおススメなのが、水分をしっかりとって血流を多くし、代謝をアップしていく方法です!

これであれば必要以上に筋肉を付けていなくても、代謝を良くすることが出来ると思います。

目安量としては一日1.5リットル以上です。

 

しかし、摂取していく水分の種類には注意して下さい!

ジュースやアルコール類はもっての他なのはお分かり頂けると思いますが、スポーツドリンクを含む清涼飲料水などもNGです。

お茶や常温の水で、必要な水分量を補っていくようにしましょう!

 

足の太さも筋肉が原因なの?

筋肉が付きやすい身体の部位と言えば、足などの下半身を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

確かに、歩いたり走ったり、自転車にのったり…足を中心とした下半身は生活の中でも頻繁に使うことが多いですよね。

 

しかし、足が太い原因は本当に筋肉が付きすぎていることによるものなのでしょうか?

女性は特に、体質的に筋肉が付きにくいもの。

ですので、筋肉太りをするというのは非常に珍しいタイプだったりするのも事実です。

 

では、他にどんな原因が考えられるのでしょうか?

ここからは、筋肉太り以外に考えられる原因をいくつかご紹介したいと思います。

そもそも、脂肪がついているせいで太くなっているケース

まず一番多いケースが、実は筋肉ではなく脂肪がついてしまっているせいで、足が太くなってしまっているケースです。

では、どういった特徴があるのでしょうか?

 

例えば、セルライトがあったり、ふくらはぎ・太ももを触った感触がとても柔らかいといったケースは脂肪がついてしまっている可能性が高いです。

また、力を入れても筋肉が固くならなかったり、筋肉の筋がみえなくなってしまっているのも、脂肪過多が原因だったりします。

言わずもがなですが、足全体にメリハリが無い・そもそも身体全体がふくよかだったりする場合も、足に脂肪がついていることが多いようです。

 

では、なぜ足に脂肪がついてしまうのでしょう?

この原因は足に限ったことではありません!

身体の他の箇所と同じく、運動不足・食べ過ぎなどが原因です。

 

ですので、適切な運動や食事管理をしていけば改善できることが多いです。

もし上記のようなことに当てはまる人がいらっしゃったら、普段のダイエット方法に加え、下半身痩せに効果のあるダイエットメニューを取り入れてみて下さいね!

足がむくんでしまっているせいで太くなってしまっているケース

女性の足のトラブルとしてもよく挙げられるのがむくみの症状です。

そして、足が太くなったと感じる原因の一つでもあります。

 

例としては、足のだるさや痛み、靴がきつくなる、すねなどを押すと窪んでしまう…といったものが多いのではないでしょうか。

たしかに、むくみが酷くなるとブーツなどがきつくなって履きにくくなったりもしますので、足が太ったと勘違いしてしまうかもしれませんね。

では、足のむくみはどうして引き起こされてしまうのでしょうか?

足のむくみを引き起こす原因、その一番の理由は、足の血行不良です!

 

当たり前ではありますが、心臓がポンプの役割をはたして身体全体に血液を送り届けていますよね?

では、身体の末端まで運ばれた血液は、何の働きによって心臓に送り返されるのでしょうか?

答えは、筋肉です!

身体の各部署にある筋肉の動きにより、血液を心臓まで送り届けているのです。

 

しかし先程ご紹介した通り、一般的に女性は筋力が少なめの人が多いので、血流が弱く、むくみやすいと言われているのです。

ですので、身体を温めたり、マッサージをしたり、小まめに身体を動かすなどして血流を良くすれば症状の改善が見込めます。

逆に、それでも症状が良くならない場合は、何かしらの病気の症状の一例だったりする可能性も否定はできませんので、医師に相談してみるようにしてみて下さいね。

筋肉以外の不要物が一緒に固まってしまって太くなっているケース

ここから紹介する原因が、一番筋肉太りと間違われやすいケースです。

「足の太い所を触ったら、固かった…」もしもこんな症状が出ていたら、誰しも筋肉が原因で太くなっていると感じてしまうと思います。

しかし、足の手触りが固いという場合は、筋肉が固いのではなく、脂肪や老廃物などの不要物が固まってしまっているせいで、手触りが固くなってしまっていることの方が多いのです!

 

何もしていなくても肉が固い、足を鍛えると太くなってしまう、足がごつく感じてしまう…こんな症状に当てはまる場合は、特にこのケースを疑ってみて下さい。

しかし、むくみなどとはちがって一時的な改善策は通用しないのがこのケースの特徴でもあります。

ですので、根気強く対策をしてくようにしてみて下さいね!

 

鍛えても太らない!?そんな筋肉本当にあるの?

ここまで、筋肉量を増やさないダイエットの方法や、筋肉太りと間違われやすい症状についてご紹介してきました。

同時に、ある程度の筋肉はダイエットにおいて、なくてはならないものであることもお伝えをしてきました。

ここまで読んで下さった人の中には「結局、筋肉を鍛えなきゃいけないの?減らしちゃだめなの?」と、逆にお悩みの人もいらっしゃると思います。

 

そんな人に特に朗報です!

実は、身体の中には鍛えても太りにくい筋肉があるのをご存知でしょうか?

ここからは、鍛えると太りやすい筋肉、太りにくい筋肉の種類についてご紹介をしていきます!

速筋ってどんな筋肉なの?

まずご紹介したいのが、速筋と呼ばれる筋肉についてです。

こちらは、主に瞬発性に優れているので、スポーツではパワー系の種目の選手などが鍛える筋肉なります。

例えば、ダンベル上げやハンマー投げ、レスリングや柔道、走り高跳びや短距離走の選手など…。

 

しかし、こういったスポーツの選手はどちらかというとムキムキの方が多いと思いませんか?

そうです、速筋というのは鍛えるほどに太く、大きくなっていってしまう筋肉なのです!

こういった筋肉を鍛えてしまうと、筋肉量を抑えたいのにどんどん筋肉が増えてしまうという悪循環に陥ってしまうので注意して下さいね!

遅筋ってどんな筋肉なの?

こちらの筋肉は、速筋とは対照的に持久力に優れ、スタミナが必要なスポーツの選手が鍛える筋肉になります。

例えば、マラソンや遠泳、ダンス、エアロビクスなどの選手です。

確かに、上記のようなスポーツでは、あまりムキムキな人が行っているイメージは少ないのではないでしょうか?

 

遅筋は鍛えても太くなったり大きくなったりはせずに、鍛えるほどに引き締まっていくという特徴があります。

また、遅筋は脂肪酸や乳酸をエネルギーとして利用することの多い、代謝の働きに優れた筋肉でもあります。

脂肪を燃焼させてくれるだけでなく、疲労物質である乳酸を使ってエネルギーを作るので、疲れにくい身体にもしてくれるのです!

 

痩せやすく、疲れにくい身体になれるなんて、まさに一石二鳥ですよね。

ですので、ダイエットをしていく上では速筋よりも遅筋を鍛えるようにしていくのが良いでしょう!

 

下半身の筋肉太り、効果的な改善方法は?

先程、下半身に溜まった脂肪や老廃物が固まってしまうと、手触りも固く、ごつごつとした印象になってしまうのはお伝えした通りです。

併せて、筋肉まで固まってしまっていたら…考えるだけでぞっとしてしまう様な状態ですよね。

そこで、最後にそんな筋肉太りの簡単な解消方法についてご紹介したいと思います!

お風呂上りは効果抜群!マッサージの習慣を身に付けよう!

凝り固まった脂肪の分解、老廃物の排出にはマッサージがとても効果的です!

もちろん、固まってしまっている部分だけマッサージするのでは不十分です。

ですので、ひざ裏・太もも・足の付け根といった具合に、足全体をマッサージするのがおススメです!

 

凝り固まった個所は手をグーにして力を入れて、逆にひざの裏や足の付け根は優しくマッサージをしてみて下さい。

お風呂上りであれば、リンパの流れが特によくなるので、不要分の排出をスムーズに行うことが出来ます。

 

しかし、マッサージは一時的に行っても効果は持続しません。

ですので、2分~3分程度でもいいので毎日続ける習慣を付けるようにしてみて下さい。

身体も心もリラックスをしながら、下半身のダイエットが出来るようにしていきましょうね!

身体の冷え対策が下半身太りの対策にも効果的!

マッサージと同じ位の効果が期待できる方法として、身体の冷えを抑えるというものもあります。

例えば、足のむくみが気になっている時に、少し足を触ってみて下さい。

普段よりも冷たくなっていることが多いのではないでしょうか?

 

女性の場合、スカートやハイヒールといったファッションや、そもそもの筋力量の少なさも相まって身体が冷えやすくなってしまうのです。

そうすると、脂肪や老廃物が固まりやすくなってしまうのです。

そんな状況を防ぐには、冷え対策をしっかりと行い身体を温めてみて下さい!

 

靴下をはく、足首・手首・首を温める、入浴時に浴槽につかるなど、改善策は非常に多いですし、特に手間がかかるわけでもありません。

簡単な方法ですし、習慣化してしまえば効果は非常に期待できるのでおススメですよ!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

せっかくダイエットをするのですから、痩せた後のプロポーションも重要です!

最低限の筋肉がついていれば、必要以上に筋肉を付けなくても痩せることは十分に可能ですし、鍛えても太りにくい筋肉も存在します!

まずは、軽い運動やサプリなどを上手く使いながら必要な筋肉を付け、余計な筋肉を付けなくても脂肪を落とせる身体を目指しましょう!

 

 HMBサプリならもっと簡単にスリムになれるってホント?

効果
HMBサプリの効果とQ&A!女性がHMBを選ぶ時のポイントなども!

トレーニングする人の間では、効率的に筋肉を成長させられると注目を浴びているHMB。 HMBって女性が使う時も同じように使 ...

続きを見る

-ダイエットの悩み

Copyright© 詐欺!AYA監修サプリ「トリプルビー」が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.