おすすめHMBサプリメントの人気比較ランキングサイトです!AYA(アヤ)監修HMBサプリBBB(トリプルビー)が効果がないのか実際に使って検証してみました!悪い口コミレビュー評判、体験談の真相に迫ります!

HMBサプリランキング【2019】~大人気BBB(トリプルビー)は口コミ何位?

HMBサプリ 鍛神

鍛神効果を最大限に引き出す効果的な使い方!

更新日:




 

ただ痩せるだけのダイエットはもう終わり!

男性も女性も、適度な筋肉のついたメリハリボディを目指す人が急増しています。

 

そこで今評判となっているサプリが「鍛神(きたしん)」。

 

俳優であり元総合格闘家である金子賢さんが全面監修したということもあり、鍛神は現役のモデルやボディビルダーの間でも大人気なのだとか。

そんな鍛神ですが、効果を最大限に引き出すには飲み方のコツがあるという情報を耳にしました。

飲み方によって効果の出方が変わってしまうなんて、これは詳しく調べないといけませんね!

そこで今回は、鍛神の効果を100%引き出す飲み方について調査しました。

鍛神を飲んでいる人、これから飲もうと思っている人は必見です!

 

鍛神の使い方・飲み方の一般的な方法

鍛神は薬ではないので、基本的には1日のうちいつ飲んでも良いことになっています。

ただ鍛神の筋肉増強効果の主成分はHMB。

HMBは「筋肉が作られるのをサポートする」「筋肉が分解されるのを抑える」「筋肉の回復を早める」などの効果があり、これを鑑みると鍛神は1度に全量飲まず、

 

・トレーニング直前

・トレーニングの合間

・トレーニング直後

 

のタイミングで分けて飲むのが良いとされています。

 

筋肉を増やすには運動は必須なので、鍛神とトレーニングをセットにして1日の流れに組み込むことをお勧めします。

ただしトレーニングをしない日も、「筋肉の作られやすい体質維持」「筋肉の回復」「代謝アップ」という効果が期待できるので鍛神は飲んだほうが良いでしょう。

鍛神HMBの摂取量は守りましょう

鍛神HMBの1日の目安摂取量は6粒です。

6粒中にHMBは2,000mg配合されています。

ただし、バーベル・ダンベルなどを使ったハードなウエイトトレーニングを行っている人はある程度増量したほうが良いでしょう。

HMBの最大摂取量目安は1日3,000mgと言われているので、1日10粒ぐらいを目安に飲むと効果がより高まります。

 

鍛神の飲み方として最も注意したいのは「一度にまとめて飲まない」ということ。

6粒でも10粒でも、一度にまとめて飲んでしまうと体内で消化・吸収できる範囲を超えてしまいます。

せっかく飲んだのに尿と一緒に排泄されてしまうのは避けたいですよね。

それを避けるためにも、1日に2〜3回に分けて飲むようにしましょう。

 

重要なのは摂取するタイミング

筋肉の増大や維持に働きかける鍛神HMB。

トレーニングとセットで飲むとお伝えしましたが、その中でも「トレーニング前」の摂取が最も重要です。

もともとトレーニングの後にプロテインを飲んでいて、更に鍛神をプラスして筋肉増強をはかりたい、という人もいるかと思いますが、鍛神をトレーニング前に飲む、というポイントは同じなので忘れないようにしましょう。

 

鍛神を飲む目的が筋肉増強ではなくダイエットである場合は、トレーニング基準ではなく食事を基準にして、「食事の前に飲む」のが良いでしょう。

 

鍛神の使い方・飲み方の効果的な方法

鍛神の基本的な飲み方はここまでご紹介した通りですが、日常にはイレギュラーなこともたくさん起こり、いつも同じリズムで過ごすわけにはいかないですよね。

そこで実際問題として、鍛神の効果を最大限に引き出すためにはどのように飲めば良いのか、具体的にご紹介します。

 

トレーニングをしない日は、朝出かける時に飲む

鍛神はトレーニングとセットで飲む、トレーニングの前が重要、とは言っても、毎日欠かさずトレーニングをしている人は多くないかもしれません。

プロのアスリートでもない限り、トレーニングの時間をしっかり確保するのは簡単なことではないですよね。

トレーニングをしない日があっても鍛神の効果がなくなるとか、今までの努力が無駄になるといったことはありません。

そんな日は鍛神を朝出かける前に飲みましょう。

通勤や通学で歩く・走る・階段を上るなども体にとっては良い運動になるんですよ。

 

プロテインと併用する

ダイエット目的の女性や筋トレを始めたばかりの人は鍛神を飲むだけで十分な効果が出ると思われますが、もともと筋トレをやっていた人、通常よりストイックに体作りに励んでいる人などは鍛神とプロテインを併用すると更に効果アップが期待できます。

というのも、鍛神を含むHMBサプリの特徴として

「もともと筋肉量が多い人と少ない人が飲んだ場合を比較すると、筋肉量が多い人が飲んだ場合の効果が出にくい」

ということがあるのです。

 

ですから筋肉量が一定以上ある人は、プロテイン・ホエイサプリなどを併用し、筋肉をつくるたんぱく質を補うのがポイントです。

 

鍛神とプロテイン併用の場合、最も効果が見込めるタイミングは

鍛神:トレーニング前・トレーニングの合間

プロテイン:トレーニング後

となります。

 

効果的に使うコツとは?

では、人それぞれの違った日常生活に鍛神を組み込むことを考えながら、鍛神を最も効果的に使うコツについて細かくご紹介していきます。

 

一度にまとめて飲まず、分けて飲むこと

これまでサプリを飲む習慣がなかった人は特に、鍛神を飲むのを忘れてしまったり、手間に感じたりするかもしれません。

だからと言って鍛神は1日量をまとめて一度に飲むことはお勧めできません。

前述のように、一度に飲んでしまうと消化・吸収が効率良くできないため、効果が半減してしまう可能性もあるからです。

 

鍛神に含まれるHMBが筋肉の増強に働きかけるタイミングというのは、トレーニング後30分以内なのだそうです。

ですから消化吸収する時間を考えてトレーニング後ではなく、トレーニングの前と合間にこまめに飲むのがベストなのです。

 

トレーニングをしない日も出来るだけ飲んだほうが良い

これまで鍛神のHMBの筋肉増強効果についてばかり言及していましたが、鍛神にはHMBだけではなく、その他ボディメイクに効果的な成分が複数含まれています。

例えば

 

・筋肉の疲労を早く回復させる働きのあるグルタミン・オルニチン

・代謝をアップさせ痩せやすい体へ導くシトルリン・アルギニンなど。

 

これらはトレーニングの有無にかかわらず、摂取すれば健康促進やダイエット効果として体に働きかけてくれます。

ですからトレーニングをしない日も、鍛神はできるだけ毎日継続して飲んだほうが良いのです。

 

筋トレは毎日ではなく2~3日に1回がベスト

「超回復」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

筋肉は筋トレによってダメージを受け筋力が一時的に低下しますが、48時間〜72時間ぐらい経過すると回復し、筋トレをする前よりも筋肉が増えた状態になる、というのが「超回復」。

筋トレをすると筋肉が増大するのは、この超回復の仕組みがあるからなんですね。

 

しかし、筋肉のダメージが回復する前に続けて筋トレを行ってしまうと、筋肉増大の効率は悪くなり、時には筋肉量が減ってしまうこともあるのです。

せっかく頑張ってトレーニングをしたのに逆効果なんて悲しいですね。

そうならないためにも、筋トレは2〜3日に1回(週に2〜3回)行うのがベスト。

もちろん鍛神はトレーニングの有無にかかわらず毎日飲みましょう。

 

バランスの良い食事を心がける

鍛神には筋肉を作るアミノ酸やたんぱく質が多く含まれていますが、実際に筋肉増強に関わる栄養素はそれだけではありません。

ミネラル、ビタミン、亜鉛など、複数の栄養素が関わりあって人間の体を作っていくのです。

いくら「鍛神には筋肉を作る栄養が入っている」とは言っても、それらがきちんと「筋肉を作る」仕事をするための環境が整っていなければ意味がありません。

 

栄養バランスの整った食事を摂ることは、筋肉増強やダイエットの土台となる体作りにつながります。

もちろん健康な毎日を送るための基本として、常に心がけたいところですね。

 

つけたい筋肉によって食べる物を変えてみるのも手

鍛神を飲む目的は、「筋肉増強」と「ダイエット」とに大きく分かれると思います。

まず「筋肉増強」を目指している人は、炭水化物や脂質も必須栄養素となりますので、食べるようにしましょう。

一方「ダイエット」目的の場合は脂質や炭水化物はなるべく控えるのが大原則ですね。

 

でも女性の場合は、女性らしいしなやかな体作りには適度な脂肪も必要です。

あまりストイックに脂質や炭水化物を制限してしまうと女性の魅力が失われてしまう危険も。

女性は、頑張っている自分にご褒美として「甘いものOKな日」をつくるなど、楽しくストレス発散させながらダイエットに臨むのが良いかもしれませんね。

 

鍛神(KITASHIN)の上手な使い方のまとめ

鍛神の効果的な使い方について、「筋力トレーニングする日」「筋力トレーニングしない日」の2つに分けてまとめてみましょう。

 

筋力トレーニング(運動)する日

1日の鍛神摂取量の目安:6粒

 

飲み方:

①筋力トレーニング(運動)直前に4粒

②筋力トレーニング(運動)直後に2粒

 

筋肉が合成されるタイミングに合わせた飲み方です。

トレーニング前に飲むことで筋肉生成をサポート、トレーニング後に飲むことで筋肉の疲労解消に働きかけます。

 

筋力トレーニング(運動)しない日

1日の鍛神摂取量の目安:6粒

 

飲み方:

①朝、出かける前に2粒

②昼、2粒

③夜、2粒

ダイエット効果を狙う場合は食前が効果的です。

朝・昼・夜と3回に分けてバランスよく摂取することで、常に体に有効成分が働きかけてくれます。

 

まとめ

鍛神HMBの効果を最大限に引き出す飲み方について、調査してご紹介しました。

鍛神の筋肉増強効果を高めるには、トレーニングとセットで摂取し続けることが基本ですが、トレーニングを毎日頑張る必要はありません。

最後の項で示したように、トレーニングをする日・しない日に分けて鍛神を飲むリズムを決めておけば、忘れずに無理なく続けられそうですね。

せっかく鍛神と出会ったのですから、効果を存分に引き出す飲み方でメリハリボディを手に入れてくださいね!







よく読まれている記事

-HMBサプリ, 鍛神

Copyright© HMBサプリランキング【2019】~大人気BBB(トリプルビー)は口コミ何位? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.